病院での治療と食事療法で糖尿病は改善できる|健康的な生活を送ろう

セルフチェックの重要性

病院

検査方法の多様化に関して

がんはあらゆる場所に発症しますが、セルフチェックで発見出来るがんもあります。それは乳がんで、胸にしこりを発見して検査を受けるケースが多いようです。女性の患者が圧倒的に多く、ステージ毎に治療方法が異なります。乳房は女性の象徴とも言える場所ですので、一年に一度の検査は欠かさないようにして下さい。これまでの検査と言えば、レントゲンやCTが定番でした。しかし、マンモグラフィーの登場で乳がんの早期発見が増えて来ています。マンモグラフィーは痛みを伴うという印象がありますが、検査機器の改善で痛みが少なくなっているようです。乳腺外科には女性医師が増えているので、安心して検査を受けてみて下さい。早期に見付けることで、生存確率がグンと上がります。

乳房の再建に関して

乳がんと診断されると、やはり気になるのは乳房の温存ではないでしょうか。全摘出になってしまうとショックが大きいですが、乳がんは他のがんに比べると治療期間が長いがんでもありますし。十年を超えても予後観察が必要ながんですし、命を優先して全摘出を選択するケースがあります。ただ、最近は乳房の温存や再建手術方法が確立されています。シリコンを注入することで、限りなく元の状態の乳房に戻ることが出来ます。温泉に行っても気になりませんし、コンプレックスを感じることがなくなっているようです。乳がんの場合は、お風呂上がりに鏡の前でチェックすることが大切です。違和感があれば乳腺外科を受診して、すぐに精密検査を受けることではないでしょうか。